ペルソナ育毛剤の本音レビュー!43歳会社員が使用感と効果を辛口評価

ペルソナ育毛剤は、在来型とは大きく違う遺伝子検査付きの育毛剤です。

その検査結果で、27種類用意された育毛剤の中から最適なものが送られるというシステム。

確かに斬新な育毛剤ではありますね。では、その実力はどうなのか、じっくり検証していきましょう。

Contents

遺伝子検査付きペルソナ育毛剤の4つのステップとは?

ペルソナ育毛剤の最大の特長は、やはり遺伝子検査ですね。注文すると、最初に届くのは育毛剤ではなく検査キットです。

髪の毛の性質は遺伝で決まる部分が大きいので、まず遺伝子を調べ、それに合った育毛剤を使おうというワケなんです。

言われてみれば、それはそうかも。性質が違う髪や毛根なのに、同じ育毛剤で効果は期待できないでしょう。

それで、育毛剤と遺伝子検査を組み合わせ、より効果的な薄毛対策を目指します。

遺伝子検査というと何やら身構えてしまいますが、検査はとっても簡単です。全部で4ステップで終了します。

これで終了。自分に合った育毛剤が届いたあとは、ひたすら育毛に励むという手順ですね。

遺伝子検査で何がわかる?

遺伝子検査に求めるのは、薄毛になりやすい体質かどうか。ハゲは遺伝するというのは本当のことなんです。

ペルソナ育毛剤の検査では、調べる項目は3つあります。

AGAへの感受性

AGA(男性型脱毛症)になりやすいのは、原因物質DHT(ジヒドロテストステロン)に反応しやすい人。遺伝子検査では、DHTに対する感受性を調べます。

髪質の強さ

そして、薄毛は髪の強さにも左右されます。細くて弱々しい髪では、それだけで薄く見えますよね。この体質も遺伝子でわかります。

頭皮の強さ

3つ目は頭皮の強さ。乾燥や炎症、皮脂の過剰も抜け毛の原因ですが、これらに対するバリア機能の維持能力も調べます。

この3つのリスクを知るための検査ということですね。

ペルソナ育毛剤の効果(成分)は他の育毛剤と何が違う?

ペルソナ育毛剤の特長は、遺伝子検査だけではありません。成分の内容も、在来型とは違う育毛剤なんです。

使う人に合わせたセミオーダー

ペルソナ育毛剤は単一の育毛剤ではなく、成分内容によって9種類に分かれます。そして、剤型も頭皮に合わせてリキッド、ミスト、ジェルの3種類が。

つまり、27種類のペルソナ育毛剤があって、その中から検査結果に見合うペルソナが届けられるというシステムです。

効果が確認されたエース級の成分を4種類も用意

成分の内容でも他の育毛剤に差をつけます。

通常の育毛剤では単体で主成分として使われている、マジョラムエキス、リデンシル、ピディオキシジル、M-034の4種類を用意しました。

  • マジョラムエキス…髪の成長を促す17型コラーゲン増加
  • リデンシル…休止期の毛根を成長期に移行を促す
  • ピディオキシジル…毛根を活性化促進
  • M-034…抜け毛を抑え髪の成長を促進

それぞれの作用については実証試験が実施され、その働きが確認されている成分ばかり。ペルソナ育毛剤でも、効果の実感が期待できます。

多数の成分から目的ごとに厳選して配合

ペルソナ育毛剤では、全部で106種類もの成分を用意しました。主に植物抽出物で構成された成分群で、これを遺伝子情報に基づいて効果的に選別、配合します。

抜け毛・薄毛のリスク、髪の成長活性度低下のリスク、頭皮環境悪化のリスクなどに対応して、効果的な組み合わせで9種類の育毛剤を構成します。

ペルソナ育毛剤の成分には何が期待できる?

使う人の状況でペルソナ育毛剤の成分構成は変わりますが、期待できる効果はどんなことなのかを見ていきます。

DHTの生成を抑制

育毛剤には重要な役割で、AGAを起こす原因物質・DHTが作られないようにする作用です。

DHTを作るのは酵素の5αリダクターゼで、この働きを抑えるために、ジオウ、ビワ葉エキス、センブリエキスなどが配合されます。

髪の成長サイクルを正常化

薄毛の人は、2~6年とされる髪の成長期が短縮され、成長を止めた休止期の毛が多い状態です。

ペルソナ育毛剤には、リデンシル、ピディオキシジル、M-034などの主要成分が配合され、活性を失った髪の成長を強力にサポートします。

頭皮の育毛環境を正常化

頭皮は髪が成長する基盤です。ここに問題が起こってバリア機能が低下すると、炎症やかゆみ、フケなどの症状から毛穴のつまり、抜け毛につながります。

悪化した頭皮の状態の改善には、ボタンエキス、セージ、ヒキオコシエキスなど多数の植物成分を配合。

加えて、有効成分のグリチルリチン酸2K、リデンシルなども頭皮の状態を正常に戻します。

実は私も抜け毛が気になるので、この検査付きペルソナ育毛剤を注文しちゃいました。

遺伝子検査付きペルソナ育毛剤を実際に体験してみた!

私は薄毛の家系出身です。現に抜け毛が出ているので、遺伝子検査ではそれなりの結果が出る可能性が大!

どんな育毛剤を使ってどんな結果になるのか、その体験記を書いていきますね。

商品到着からポスト投函まで

注文して2日後。普通なら育毛剤が届くところ、届いたのは遺伝子検査キットです。その外観がこれ。

そして、中身がこれ。思ったよりしっかりした印象です。もしかしたらオモチャみたいなものかも、と思ったりしていたので。

キットの箱の裏が説明書になっていて、この通りやれば誰でも簡単に検査できるようになっています。

ではキットで検査して、その結果で育毛剤が届くまでを見ていきましょう。遺伝子検査といっても、頬の内側の粘膜をこするだけ。内容はとっても簡単です。

手順①申込書類作成

検査申込同意書の説明書を読み、必要事項を記入します。

手順②検体の細胞採取

検査キットを取り出し、説明書に従って綿棒で頬の内側を20回グリグリして細胞を採ります。左右の頬に綿棒各1本ずつですね。

手順③発送

綿棒2本を検体ケースに入れ、申込同意書と一緒に添付の封筒に入れてポストへ投函。あとは報告書と育毛剤ペルソナの到着を待つだけです。

時間がたつと検査できないこともあるので、細胞を採ったらすぐに発送しなくてはいけません。

育毛剤到着から1ヶ月まで

検体と申込書を投函してほぼ2週間で、ペルソナ育毛剤と検査報告書が届きました。その外観です。何も書かれていない白い箱ですね。

果たしてどんな結果なのか、久しぶりのドキドキ感とともに箱のフタを開けます。

中身はこれだけですが、何をおいても知りたいのは検査結果です。T-008と書かれているのが、その検査結果の通知書でした。

検査の結果はどうだった?

通知書のアップ。T-008というのは私の遺伝子のタイプで、これに応じた育毛剤が入っているはずです。

AGAになるリスクの大きさは、レベル3でやや高め。やっぱり…。

下のほうは判定の詳細です。AGAの傾向、髪の強さ、頭皮の強さの3項目で判定。やっぱりAGAの対策は必要で、それよりも髪の成長力が弱いみたいです。

下のほうに育毛剤の成分の説明があります。対策が必要なAGA(黄色い字)と髪の成長促進に向けた成分(赤い字)が強化されているみたいですね。

私がAGAだったというのは、ある程度は想定内でしたが、やっぱりガックリ。

ただ、弱点がわかり、成分的に対策ができているのは心強いですね。T-008型のペルソナ育毛剤で頑張ることにします。

育毛剤の使用感など

ではいよいよ育毛剤に行きます。外箱を見ると全成分が表示されています。

全部で47種類ありますね。

中にはマヨナラ葉エキス(公式サイトではマジョラムエキス)、リデンシル(マツ球果エキス・チャ葉エキス・ピロ亜硫酸Na・塩化亜鉛・グリシンで構成)も入ってます。

成分的にはかなり期待できそうです。

では早速使ってみましょう。ボトルの外観はこんな感じ。

私に届いたのはジェルでもミストでもなく、リキッドタイプでした。直接頭皮につけるので、髪につかずに無駄なく使えます。

手の平に出してみます。無色透明で、べたつきはなし。匂いは、エタノール(アルコール)が少し匂います。が、揮発性なのですぐになくなります

頭皮につけても刺激などは感じません。使用感は快適、っていうか、ないですね。つまり、負担感なしで使えるということです。

これなら長期間の使用でも安心して続けられそうです。

1ヵ月たっても変化は何もなし

ペルソナ育毛剤を使い始めて1ヵ月たちました。もちろん何のトラブルもありません。そして、効果もありません。抜け毛は相変わらず。

ただし、これは最初から想定内です。どんな育毛剤でも、最低3ヵ月は使わないと効果は実感できないので、6ヵ月ぐらいかかるのは覚悟していました。

でも、時折感じていた頭皮の痒みはしばらく出ていません。私の場合頭皮ケア成分が少ないとはいえ、しっかり働いているようです。

1ヶ月から効果が出るまで

その後も、髪の毛には何の変化も感じないまま時間が過ぎていきます。抜け毛が減ったような気もするんですが、気のせいかも。

個人差があるとはいえ、やっぱり3ヵ月程度は何も効果などは実感できないものなんですね。

それにしても、変化がないのに育毛剤を続けるのは大変です。育毛には忍耐が必要なことだけは実感できました。

4か月目になって抜け毛の減少を確認

やっと効果というか、変化が見え始めたのは丸3ヵ月が過ぎてから。4本目のペルソナ育毛剤が軽くなったころ、布団の上、枕の周りの抜け毛が少ないのに気付きました。

使い始めたころは、毎朝うんざりするほど抜け毛が散らばっていたんですが、明らかに本数が減っています。それを確認した時の安心感は、忘れられませんね。

抜け毛が減るのは、育毛剤の働きかけに毛根が反応した証拠。抜け毛が止まったあと成長を促され、しっかりした髪の毛に変わり始めているんです。

改善スタートが確認できたので、あとは太い毛が成長してくるのを楽しみにペルソナ育毛剤を続けます。

6ヵ月から期待した効果が!

6本目が終わりかけています。ここまでくれば、定期コースの継続義務期間も終わりです。解約しても検査代の支払いはありません

検査費用の税込27,280円は大きいですからね~。無料が確定したので、育毛剤のお得感がぐっと大きくなりました。

気になる抜け毛は完全停止

ほぼ6ヵ月たつと、抜け毛はまったく気にならなくなっています。長年悩まされた抜け毛ですが、ペルソナ育毛剤で改善されたといっていいでしょう。

私の抜け毛は、AGAの影響に頭皮の環境悪化も重なっていたと思います。そこへペルソナ育毛剤が働きかけたことで、髪と頭皮の両方に改善が見られました

しっかりした髪質に変わった

私の髪は細くて頼りないものでしたが、6か月目を迎えたころから次第に太い毛が増えてきています。

髪質の変化でボリュームが出て、外見では髪が増えたように感じるみたいです。

遺伝子的にも毛根の活性度が低かったし、不規則な生活や偏食、運動不足なんかは自覚していました。

生活習慣の改善は育毛剤と並行して続けていて、それとペルソナ育毛剤の育毛・栄養成分との両方の成果なんだろうな、と納得しています。

現状維持とさらに改善も期待する

現状では悪化する気配もなく、頭皮も髪の毛も安定しました。抜け毛が進んで薄毛になる恐れは、当面回避できたと思っています。

遺伝子検査の結果に基づいて作られた育毛剤は、予想以上にいい結果でした。

現状維持は問題なく達成できていて、さらに、もしかして髪が増えるかな?などと期待しています。今後の抜け毛予防と現状維持を兼ねて、このまま続けるつもりです。

ペルソナ育毛剤の効果(成分)に副作用はある?

ペルソナ育毛剤は医薬品ではなく、副作用が心配される成分は配合されていません。成分の多くは植物や海藻の抽出物で、刺激や毒性もない安全なものです。

一部の成分では、亜鉛など過剰摂取で弊害が起こるものも含まれます。でも、過剰摂取が起こる量というのは、飲みこまないと体内には入らない量です。

外用のペルソナ育毛剤で、過剰摂取になる量を摂るのはまず無理。心配いりません。

有害な添加物は極力排除

ペルソナ育毛剤では着色料や防腐剤など、頭皮に有害な添加物は徹底的に排除してあります。これは27種類、どのタイプにも共通です。

添加物の刺激などによるかゆみ、かぶれ、湿疹などが起こる可能性は、ほぼゼロといっていいでしょう。

アレルギー体質の人は念のためパッチテスト

ペルソナ育毛剤には、エタノール(アルコール)や植物抽出物が使われます。使う人の体質によっては、こういった物質に対して過剰に反応する可能性も。

何かに対してアレルギー反応を起こす体質の人は、念のため、使用前に少量で試すパッチテストをおすすめします。

遺伝子検査付きペルソナ育毛剤の痛いデメリットとは?

遺伝子検査付きでセミオーダーの育毛剤という、斬新なスタイルのペルソナ育毛剤ですが、ちょっと「ん?」ってなる部分があるんですよね。

3つほどあったので、見ていきましょう。

その①遺伝子検査と育毛剤の関連性は?

ペルソナ育毛剤は事前に遺伝子検査をして、最適な育毛剤を選択します。今までになかったシステムのこともあり、その有効性はまだ確立されていません

考え方は間違っていないと思います。でも、遺伝子検査と、その結果を使って調整された育毛剤というのは前例がないんです。

実績やデータがなく、信頼性がもう一つ。もし効果がない場合、インチキだといわれやすいでしょうね。

その②育毛剤の内容が事前にわからない

ペルソナ育毛剤は、セミオーダーメイドが売りの一つ。遺伝子検査の結果で、それに最適な育毛剤が送られてきます。

この過程では、育毛剤の選択にユーザーが関われず、事前に中身を知らされてない育毛剤が届くところが不安感を呼んでしまうんです。

ユーザーから見れば、「検査結果がこうだから、この育毛剤がいい」ということをあらかじめ了解したうえで、育毛剤を届けてほしいはず。

現状では、ユーザーが「買った」のではなく「買わされた」感を持ってしまうところが残念な部分ですね。

その③定期コースの解約は自由だけど不自由

ペルソナ育毛剤は、遺伝子検査とセットでの定期購入が基本です。それで月額9,800円。1回だけなら検査費込みで37,600円なので、定期購入がお得です。

定期でも5回までで解約すれば、検査費用27,280円(税込)の支払いが発生します。そして、6回継続すれば、この検査費用の支払いは免除されるんです。

いつでも解約自由とはいえ、検査費用の支払いがあれば解約はためらいますよね。事実上の6回縛りがあるわけで、何だかモヤッとした違和感が残ります。

なじみのない検査費用の扱いに、まだ慣れてないせいもあるんでしょうか。

遺伝子検査付きペルソナ育毛剤のメリットこれに尽きる

ペルソナ育毛剤は、これまでになかった遺伝子検査付きという、新鮮な魅力、メリットを持った育毛剤です。

遺伝子検査の3つの項目は、それぞれが論文で裏づけされた有益な情報源。そして、4種類の主成分は、実証試験で確認された科学的な根拠を持っています。

AGAに対する遺伝上のリスクがわかる検査

この検査の根拠になったのが、下記の論文です。

AGAの原因は悪玉ホルモン・DHT(ジヒドロテストステロン)なんですが、これは病原菌みたいに直接悪さをするわけではありません。

毛根の受容体と結合して初めて、脱毛因子(タンパク質)を出してAGAを発症させます。遺伝するのは、受容体のDHTに対する感受性なんです。

キーは受容体で、この感受性によってAGAの発症しやすさが変わってきます。検査では受容体の型によって発症リスクを判定します。

  • GG型:最も感受性が低く発症リスクが少ない型
  • GA型:中くらいの感受性で、他の要因次第で発症
  • AA型:最も発症リスクが高い型

ちなみに私はGA型という判定でした。生活習慣も乱れがちなので、リスクは高いですね。

髪の質に対する遺伝上の傾向がわかる検査

髪の質についての論文の一つが、これになります。

髪の毛の太さ、色、強さなどの個性も遺伝によって受け継がれます。この遺伝子は毛髪形態遺伝子と呼ばれるもので、検査ではこの遺伝子を調べます。

遺伝子を調べることで、例えば抜け毛で困っている人が、遺伝によるものなのか、またはそれ以外の生活習慣や栄養不良によるものなのかが推定できます

ペルソナでは検査によって使う育毛剤を変えて、効果的に改善を進めます。

頭皮の状態に対する遺伝上の傾向がわかる検査

下記は、頭皮のトラブルを起こしやすい遺伝子に関する論文の一つです。

頭皮には、いろいろな問題がおこります。

フケや痒みにしょっちゅう悩まされる人や、アレルギーでかぶれやすい人など、症状はいろいろ。頭皮の炎症による抜け毛も少なくないんです。

遺伝子を見ると、どんなトラブルが頭皮に起こりやすいかを知ることができます。

ペルソナの遺伝子検査で傾向を把握すれば、その頭皮に合わせた最適な育毛剤が使えるわけで、高い効果も狙えるでしょうね。

遺伝子情報で改善目標が明確化

在来型の育毛剤では、使う人を特定することはありませんでした。どんなタイプの薄毛にも合うように、多くの成分で広範囲な作用を持たせるのが普通です。

でも、ペルソナ育毛剤では遺伝子検査で目標を絞り込みます。狭い範囲に適応すればいいので、それだけ効率的な育毛剤になるということですね。

効果もそれだけ期待度できるというものです。

そのほかの多くの成分でも効果が実証済み

ペルソナ育毛剤には、実証試験や臨床試験で効果が確認されているものがたくさんあって、信頼性が非常に高い育毛剤なのです。

医薬部外品の有効成分を3種類用意

ペルソナ育毛剤には、医薬部外品として効果が承認された有効成分が、3種類用意されています。

  • センブリエキス…血行促進、毛根部活性化
  • グリチルリチン酸2K…抗炎症・抗アレルギー
  • 酢酸DL-α-トコフェロール…抗酸化、血行促進

頭皮の健全化には定評がある成分ばかりで、炎症を防ぎ育毛の基礎になる頭皮の健康を維持します。

ただし、ペルソナ育毛剤のタイプにより使い分けられ、全育毛剤に配合されているわけではありません。

以上の有効成分のほか、主成分の4種類でも、根拠のある育毛作用が確認されています。

マジョラムエキスで抜け毛予防

皮膚内にある17型コラーゲンは、髪の成長や黒い髪の維持には欠かせない成分ですが、年齢とともに減少します。

これが薄毛の原因の一つだったんですが、マジョラムエキスが17型コラーゲンの産生を増やすことがわかってきました。

この研究は東京医科歯科大学から発表され、テレビニュースでも報道されました。
参考元:

M-034で髪の成長促進

M-034はミツイシコンブのエキスで、血行促進や保湿作用のほか、成長因子を殖やして髪の成長にも関与することがわかっています。

多くの育毛剤の主成分として使われてきた実績のある成分なのです。

髪の成長作用では、毛根部を包む外毛根鞘という組織を活性化。髪の保持力を強化するほか、毛母細胞の増殖を促して髪を成長させる働きが期待できます。


出典元:https://www.tenshindo.ne.jp/

リデンシルで髪の成長促進

リデンシルは、スイスのインデュケム社が開発した複合成分です。

毛根部にあるバルジ領域という場所に働きかけて、そこにある幹細胞を毛母細胞として供給。これを増殖させて、髪を成長させる作用を持ちます。

効果については、開発元の臨床試験があります。


3ヵ月間使用した後、使用前の左側の列と比べると、明らかに薄い部分が少なくなっているのがわかります。
出典元:http://matsumoto-trd.com/product/pdf/02/gogai/g5.pdf

ピディオキシジルで髪の成長促進

ピディオキシジルは、有名な医薬品ミノキシジルの同位体。構造を一部改造して、デメリットの副作用をなくした成分です。

その働きはミノキシジルに似ていて、血行促進や毛根部に働きかけて細胞を活性化。髪の成長を促す作用が期待できます。

この成分の臨床試験ですが、なぜかイタリアに集中。小規模ながら4件が報告されています。

  • ジェノバ・ガスリン研究所…30人中9人に改善
  • フィレンツェ大学…30人中16人で改善
  • ローマ聖カトリック大学…42人中14人に改善
  • ウンベルト大学…20人中17人で改善

出典元:https://calvizie.net/triaminodil/

医薬品でもないのに、どの試験もかなり高い改善率を示していますね。実験室ではなく人間の頭皮で行った実験なので、効果への信頼性は十分です。

遺伝子検査付きペルソナ育毛剤の5ch(旧2ch)の口コミ?

では、国内で実際に使った人の感想はどうだったんでしょう。口コミでみていきます。

5ch(旧2ch)のペルソナに関する口コミ

5ch、2chには、「どうよ」といった問いかけがあるだけ。使った人の口コミはありませんでした。周囲の様子をうかがっているみたいですね。

ツイッターのペルソナに関する口コミ

ツイッターにも口コミはありません。検索しても出てくるのは宣伝だけ。通販でできる薄毛の遺伝子検査はまだなじみが薄く、ためらう人が多いんでしょうね。

ブログで見つけたペルソナに関する口コミ

今度は、ペルソナ育毛剤の解説をしているサイトで、体験記事を探しました。

私は遺伝子タイプT-004との判定でした。髪の成長力がやや弱いタイプ。地肌が透けるのは抜け毛のせいではなく、髪が細いからのようです。

効果の実感は3ヵ月を過ぎてから。髪にハリ、コシが出て強くなったように感じました。髪が根元から立ち上がり、毎朝のセットがずいぶん楽になっています。

検査結果については、普通の育毛剤を使っていたら知らないまま。余分な育毛ケアをしていたかもしれず、「ペルソナを選んでよかったな」と思っています。

ペルソナ育毛剤は、自分の薄毛のタイプを検査してから育毛剤を選びます。それに合わせた成分内容の育毛剤を使うので、ハズレがないんです。

3ヵ月という早い時期に、髪の毛がしっかりしてきました。薄毛の原因に合わせた育毛剤なので、当然といえば当然の結果なんでしょうね。

私は生え際の後退が気がかりでペルソナを購入。検査ではAGAのリスクが高いAA型でした。髪の質や頭皮トラブルには問題ありません。

リキッドタイプを使い始め、改善には時間がかかると理解していましたが、それでも途中でやめそうになることも何回か。

それが5ヵ月から半年ほどで、髪が太くなったような手触りを感じます。抜け毛も徐々に少なくなり、いつの間にか気にしなくなっていました。

生え際の後退で、AGAのリスクありと判定されました。このタイプは回復しにくいんですが、検査で状況がわかっていたから続けられたんでしょう。
休まず頑張るうち、成果も出てきたようですね。

届いたペルソナは髪の成長力が弱い人向けの成分構成で、リキッドタイプでした。ベタついたり匂いが残ることもなく、毎日朝晩2回快適に使ってきました。

抜け毛が減ってきたのは3ヵ月も過ぎた頃。それ以後順調に減り続け、6ヵ月たった今はほとんど気になりません。さらに、わずかながら生え際に産毛発見!

今までの育毛剤で、効果らしいことを感じたのはペルソナが初めて。なので、すごく感動的で、今後も続けていく励みになりました。

遺伝子検査で育毛剤が決まるペルソナの使用感は、特に問題なく使えるようですね。

効果の面では、他の育毛剤では思わしい成果が見えなかった人にも、半年継続で産毛が生えるなど順調に結果が出せています。

私にはジェルタイプのペルソナが届きました。容量は60mlと、リキッドの100mlより少なめです。

成分にはAGAの原因DHTを作る、5αリダクターゼの阻害成分が中心でした。ジェル状の育毛剤は初めてですが、液だれがなく使いやすい剤型と思います。

ペルソナ育毛剤にはリキッド、ジェル、ミストの3種類の剤型があります。使い勝手が少し違うし好みもあるでしょう。

でも、検査結果で最適なものが送られるシステムなので、好みよりも効果優先ってことで折り合いをつける事ですね。

ペルソナを使ってみると、遺伝子検査は評価できますね。自分はなぜ薄毛なのか、その原因を知ったうえで対処するのはとても大切なことだと思います。

なので、検査だけじゃなく、結果に対応した育毛剤が届くのも魅力的。ペルソナはこれまでになかった斬新な育毛剤と言えるでしょう。

ただ、値段が1万円弱で、6回継続しないと検査費用24,800円(税別)がかかることは要注意です。気軽にお試しはできませんね。

ペルソナ育毛剤のシステムを高く評価されています。原因を絞り込み最適な育毛剤を使うことは合理的で、疑問をはさむ余地はありません。

そのためにコストが上がり、費用はやや高めです。それに、実質的な6回縛りがあることは理解しておきましょう。

遺伝子検査付きペルソナ育毛剤の効果をUPする使い方!

ペルソナ育毛剤の力をフルに発揮させるには、正しく使うことが何より大事です。
その使い方は、作った会社が一番よく知っているはず。

効果を上げるコツは使用説明書通りに使うこと

ペルソナ育毛剤を正しく使うには、一緒に届いた使い方の説明書の通りに実行しましょう。

この使い方で1日2回、毎日休まず続けることが最大のコツ。特に塗った後のマッサージは、面倒がらずに必ず実行しましょう。

成分の浸透と血行促進が目的で、ペルソナ育毛剤の効果を引き出す重要な作業です。効果にストレートに影響するので、やらないともったいないですよ。

効果を上げるには清潔な頭皮に使う

ペルソナ育毛剤は、頭皮が汚れていると成分の吸収率が悪くなります。頭皮には常に皮脂が分泌されていて、ほこりや頭皮の角質と混ざって毛穴をふさぎます。

それではせっかくの成分が浸透できません。ペルソナをつける前には、シャンプーでていねいに汚れを落としてください。

ただし、朝は前夜から寝ただけなので、あまり汚れてはいません。あえてシャンプーする必要はないし、逆に皮脂を落としすぎる心配があります。

すすぎを丁寧にして水気を取る

シャンプー時には、ツメを立てたり強くこすったりしないでください。そしてすすぎはていねいに。洗い残しのシャンプーは頭皮を刺激します。

洗髪後は8,9割程度まで乾かします。水分が多いと成分が薄められるし髪にも移ります。少し湿り気が残る程度が、最も浸透しやすい頭皮なのです。

効果を上げるにはツボ押しも有効

ペルソナ育毛剤を塗った後はマッサージです。それが終った後は、ついでに育毛にいいツボを押しましょう。

育毛のツボでは、「百会」が有名です。両耳を結ぶ線と、鼻から頭頂部を通る線の交点にあります。

抜け毛、薄毛の改善の他、自律神経や目の疲れ、肩こり、めまいなどにも効く万能ツボで、マッサージのついでに親指で適度に推してください。

育毛に効果的なツボは、他にも通天、天柱 風池、中府、関元などがあります。場所を覚えて、時々刺激すると薄毛予防になるでしょう。

効果を上げるには夜を大切に

ペルソナ育毛剤は1日2回が基本ですが、重要なのは夜のほう。

その理由は、成長ホルモンとの相乗効果が期待できるから。髪の成長は成長ホルモンに大きく左右されますが、その分泌は夜間の熟睡中に多くなるんです。

そのタイミングを逃さないように、夜寝る前にはシャンプーできれいにした頭皮にペルソナ育毛剤をつけ、マッサージで浸透させておきます。

こうすれば、寝ている間に成長ホルモンとともに、成分が最大限に利用されるんです。酔っぱらって何もしないで寝てしまうのは、実にもったいないですね。

遺伝子検査付きペルソナ育毛剤が最安な通販サイトは?

ペルソナ育毛剤は、遺伝子検査付きなので通常より高くなります。なので、何とか安く買える方法を見つけないとね。

楽天やアマゾンでペルソナ育毛剤は買えない

で、楽天やアマゾンを検索しても、全くヒットしません。


出典元:楽天

アマゾンでもダメでした。


出典元:アマゾン

販売元は、楽天やアマゾンなどの通販モールには出店してないみたいですね。だったら公式サイトの中で、一番安い方法で購入しましょう。

ちなみに、メルカリやヤフオクにあるかもしれませんが、それは他の人向けのペルソナです。自分用のものではありません。手を出さないようにしてくださいね。

公式サイトで最安値のペルソナ育毛剤は?

ペルソナ育毛剤の購入は、実質公式サイトだけ。その公式サイトでの価格は次の通りです。

都度購入 定期購入 定期購入
6本セット
価格(税込) 38,200円 9,800円 55,800円
1本当り9,300円
価格内訳 遺伝子検査費24,800円
送料600円
本体12,800円
検査費・送料無料 検査費・送料無料

一番安いのは6本定期購入ですね。1本定期より1本当り500円安くなります。でも、これだと支払い時の負担が大変なので、お財布と相談してくださいね。

公式サイトの購入で注意したいこと

定期購入はいつでも解約自由ですが、6回未満で解約すると遺伝子検査費用の無料サービスは取り消し。税込で27,280円の支払いが発生します。

ペルソナ育毛剤の定期購入は解約自由です。ところが6回未満での解約には検査費用の負担が伴うので、実質的には6回継続の縛りがあるといえますね。

もっとも、遺伝子検査という特殊な費用なので、購入者都合のキャンセルなら負担も仕方ないかなと思えます。検査データは無駄にはなりませんしね。

ここをよく理解したうえで購入を決めてください。

クレジットカード払いで特典あり

支払い方法は代引きや銀行からの振込、後払いなど一通りそろっています。

もちろんクレジットカード払いもありますが、そうすると、サプリのおまけがついてきます。

成分内容などは非公表・非売品ながら、育毛剤とも連動したセミオーダータイプです。育毛剤と合わせた、体の内外からのアプローチに期待できそうですね。

遺伝子検査付きペルソナ育毛剤の解約方法と返金方法!

育毛剤では大部分に導入済みの、定期購入の自由な解約と全額返金保証制度。でも、ペルソナでは遺伝子検査付きという特長があるだけに、少し事情が違います。

ペルソナ育毛剤の定期購入解約方法

定期購入は、基本的に解約自由。ただし、5回以下の継続で解約した場合は遺伝子検査の費用負担があります。

実質的に6回縛りともいえますが、検査代はまったくの無駄遣いでもないので、目くじら立てることでもない気がしますけどね。

では、実際に解約する手続き方法です。

定期購入解約手続き

手続きは電話だけの対応になります。下記のコールセンターに電話して、相手の問いに答えるだけです。

先方からは名前、電話番号、解約理由を聞いてくるので、それに答えると手続きは終了します。しつこい引き留めなどはないので、数分で手続きは終わりです。

継続購入が6回以上の場合は、その後解約確認メールが届いて解約は完了します。

5回以下の場合は、サービスだった遺伝子検査代27,280円が有料に変わり、支払を請求されます。請求書の金額を支払えば、解約手続きは完了です。

ペルソナに全額返金保証制度はない

まず、ペルソナ育毛剤には、他の育毛剤のような全額返金制度はありません返品はできますが、受け取り後7日以内で、商品は未開封の状態に限ります

未開封のペルソナを返品・返金を希望する場合は、下記へ電話で連絡の上返送します。

  • 期日:商品到着後7日以内
  • 連絡先:お客様相談センター 0120-229-962
    (受付時間10:00~17:00 土日祝除く)

返品にかかる送料、返金振込手数料はユーザーの負担。振込手数料は商品代金から差し引かれて入金されます。

検査キット到着段階での返品(キャンセル)方法

まだペルソナ育毛剤が届く前、検査キット到着段階での解約についても電話で解約ができますが、電話するタイミングで対応が細かく分かれます。
下記の通り、検査キット受け取りから7日目が境目です。それ以前なら返送だけで負担はなく、過ぎるとキャンセル料など14,080円を負担して解約です。

総括@遺伝子検査付きペルソナ育毛剤でAGAか知ろう!

ペルソナ育毛剤は、在来型の育毛剤にはない魅力をたくさんもっています。おかげで私も現状の髪の毛は維持できそうです。

何がよかったかって、やっぱり自分の髪に関する遺伝子情報がわかったことですね。以下の3つの情報です。

  • AGAに対する遺伝上のリスク
  • 髪の質に対する遺伝上の傾向
  • 頭皮の状態に対する遺伝上の傾向

遺伝子検査でこれだけのことがわかります。ハゲ家系出身の私には、やっぱりAGAに警戒が必要とのこと。そして、それに合う育毛剤が届きました。

その中には、通常の育毛剤なら1つで主成分になるエース級で、効果に対する根拠がしっかりした成分群がたっぷり

  • 医薬部外品承認の3成分
  • マジョラムエキス
  • M-034
  • リデンシル
  • ピディオキシジル

ペルソナ育毛剤は、使用前の遺伝子検査で改善すべき目標がはっきりわかります。そして、改善目標に合う育毛剤で、効率的に薄毛の改善を進めます。

こんな合理的な考えで作られた育毛剤って、今まであるようでなかったタイプ。ペルソナ育毛剤は、やはり斬新で期待できる育毛剤だと思います。